1. TOP
  2. ウィリアムヒル
  3. 公務員がウィリアムヒルで稼ぐのは違法?警察官の利用も大丈夫?

公務員がウィリアムヒルで稼ぐのは違法?警察官の利用も大丈夫?

公務員がウィリアムヒルで稼ぐのは違法?警察官の利用も大丈夫?

警察官や自衛官、消防士や教師などの公務員がウィリアムヒルカジノやスポーツベッティングで稼ぐのは違法ではないのか?

 

公務員の副業にオンラインカジノやスポーツベッティングが最適と勧めているサイトもありますが、本当に安全なのかを徹底解説します。

 

ウィリアムヒルに登録したいけど、人事評価や副業禁止規定違反にならないかなど、不安のある人はぜひ読んでおいてください。

公務員のオンラインカジノ登録を禁止する法律はない!

公務員だと違法行為や危険なことをできるだけ避けるべきだと思いますし、余計な詮索をされないためにも、安全ではないものに手を出すべきではありません。

 

まずその点から言えば、ウィリアムヒルカジノなどのオンラインカジノに登録することもプレイすることも、禁止する法律や条例はないと思います。

 

しかしオンラインカジノは日本の法律ではグレーゾーンの範疇にあると考えられていますので、こう書いてしまうとやはり怪しいと思ってしまうでしょう。

 

怪しいからやはりウィリアムヒルに登録するのは避けようと答えを出す前に読んで知ってほしいことがあります。

 

それはオンラインカジノと同じようなグレーゾーンのギャンブルには、パチンコやパチスロも含まれているということ。

 

あなたの同僚や周りの公務員で、パチンコやパチスロに行ったことで、減給処分や降格処分を受けた人はいませんよね?

 

法律的にオンラインカジノはその範疇ですので、そこまで危険で違法性があるというものではありません。

 

もちろん正規のオンラインカジノではなく、繁華街の違法カジノに行けば話は別です。

 

日本の法律でも完全に違法行為ですし、逮捕起訴されて、公務員という大切な仕事を失ってしまう可能性も。

 

違法カジノとオンラインカジノを同義に考えないことも重要な要素で、ウィリアムヒルカジノのような正規のカジノライセンスを取得しているサイトなら安心でしょう。

 

過去に公務員がオンラインカジノで処分された事例がある!

オンラインカジノは安全だという話をしましたが、過去のニュースを調べてみると、オンラインカジノをプレイしていた公務員が処分されたことがあります。

 

公務員が処分された際に問題になったのは、いつオンラインカジノをプレイしていたのかということ。

 

業務時間内にオンラインカジノを頻繁にプレイしていたことが原因で、懲戒処分を受けました。

 

これって公務員という肩書き以前の問題で、会社員でもOLでもアルバイトでも業務時間内に仕事以外のことをしていれば処分の対象になりますから、人間性の問題でしょう。

 

この時にもオンラインカジノに登録&プレイしていることに対する処罰がなかったことからも、公務員でもプライベートタイムに遊ぶ分には問題がないことがわかります。

 

公務員がオンラインカジノをプレイすることが問題なら、懲戒処分+逮捕+起訴という流れで処分されたでしょう。

 

本当に残念な人ですが、そういった事例からも公務員でも問題がないことが証明されたというように考えることもできます。

ウィリアムヒルカジノで稼いでも公務員の副業禁止規定には違反しない?

プライベートな時間であれば、ウィリアムヒルカジノやスポーツベッティングで稼いでも問題ないのか?

 

公務員だと副業禁止規定なども気になるでしょうし、収益をあげる行為はできるだけ避けるべきだと考えますよね。

 

まず趣味の範囲内であれば全く問題はありません。

 

それにオンラインカジノは一時所得ですから、年間50万円までの収益であれば、特別控除の範囲内になり、確定申告も納税の義務も発生しませんから、周囲にバレることもないでしょう。

 

それ以上の金額になった場合はこの記事を参考にして、確定申告を必ず行なってください。

 

 

副業禁止規定に違反するとすれば、ウィリアムヒルカジノやスポーツベッティングで収益を継続的にあげる仕組みを作った場合です。

 

誰かを雇用して自分の代わりに作業をさせたり、アービトラージのような裁量取引を行なって収益を作るとまずいでしょう。

 

趣味の範疇を超えた形でオンラインカジノで収益をあげるのは、公務員でなくとも副業禁止規定に違反しますので、会社員の人も注意してください。

公務員がウィリアムヒルで稼ぐなら確定申告と税金は必要なこと

先ほどもお伝えしましたが、年間で50万円以上の収益があれば一時所得の特別控除額を超えるので絶対に確定申告をして、税金を収める必要があります。

 

公務員だから職場に本業以外の収入があることがバレたくないという人もいるかもしれませんが、もし確定申告&納税をしなければ「脱税」です。

 

ある日突然、職場や自宅に税務署員が来て脱税容疑で身柄を確保されたり、修正申告や追徴課税を行う必要があります。

 

脱税は犯罪行為ですから、公務員じゃなくても職を失う可能性がありますので絶対に避けたいところ。

 

面倒とか少額ならバレないと考えずに、ウィリアムヒルで稼いだらしっかり納税してください。

公務員がウィリアムヒルで稼ぐのは違法の記事まとめ

ウィリアムヒルカジノでもウィリアムスポーツでも、公務員が趣味の範囲内で登録してプレイしている分には何ら問題になりません。

 

重要なことは、

  • 確定申告や納税を行う
  • 仕事をプライベートは切り分ける
  • 業務としてやらない

 

ということではないでしょうか?

これらのことさえ守っていれば、警察官でも自衛官でも教師でも市役所職員でも、問題なくプレイすることができますので安心してください。

関連記事

  • ウィリアムヒルは詐欺サイト?クッキー設定は大丈夫なのか?

  • ウィリアムヒルのアカウントに手数料は必要&発生するのか?

  • ウィリアムヒルにべットができない国は?日本人なら大丈夫?

  • オンラインカジノ(ウィリアムヒル)の違法性は?

  • ウィリアムヒルの年齢確認・本人確認書類と送付方法は?

  • ウィリアムヒルカジノはハイローラー対応のオンラインカジノ?